2022年2月1日 ルートラーナ新年祝祭米の販売

コトハの知識である『ハクメ』は、あらゆるサイクルの基本となる響きです。『ハ』において創造によって広がり、『ク』において消滅によって静寂へ戻り、『メ』において再び静寂から純粋な思いが現れ、再創造がはじまる。私たちの内側深くにある意識による創造も、この世界の自然のサイクルも、この『ハクメ』に基づき、めぐっています。

KIRはこの『ハクメ』を基本とした新たな暦である『ルートラーナ暦』を作り、それに寄り添って歩みをすすめてきました。
『ハクメ』は1年の間に8回あり、その切り替わりに合わせて、光を広げ静寂を響かせる『祝祭』を行い、次の『ハクメ』を迎えるようにしています。
農業部門の活動もつねに『ハクメ』に合わせ、育苗・田植えから刈取り・脱穀までを行ってきました。そのようにして純粋な知識に基づきできたお米が『ルートラーナ米』です。

来る2022年2月1日は『ハクメ』の切り替わりの日であり、『ルートラーナ暦』の元旦にあたります。そこで、これまで限られた者で行ってきた『祝祭』を、この日に限って『新年の祝祭』として、より多くの方にご参加をいただけるものとします。そして、この『新年の祝祭』の場で『ルートラーナ米』にコトハを響かせ、『新年の祝祭米』としてお譲りすることにいたしました。

受付期間は2022年1月21日(金)までとなります。
皆さまのお申し込みをお待ちしております。